テトのまったり投資

投資信託、米国株などの投資についてまったり書きます
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
S&P500と日経平均の関係

S&P500の変動が、日経平均にどう影響するのか過去のデータを調べてみました。

調査したのは、2017/1/4から2020/2/28までです。

 

調査の方法は、S&P500の終値が、翌日の日経平均の終値にどう影響したのかです。

 

結果は以下の表になりました。

 

日経↓S&P500↓ 日経↓S&P500↑ 日経↑S&P500↓ 日経↑S&P500↑
215 145 109 299
28% 19% 14% 39%

 

1行目の意味は、例えば「日経↓S&P500↓」はS&P500が下がったときに、日経平均も下がったことを表しています。

2行目の数字は、1行目に該当した日数です。

3行目は2行目の数字を比率で表したものです。

 

これを見ると、日経平均はS&P500に連動して下がったり上がったりすることが、割と確率が高いような気がします。

特に、S&P500が上がったときは、日経平均も上がりやすい傾向にあるようです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.